2014年12月01日

≪募集≫2014年12月21日・回文の日記念作品

【呼掛け】

12月21日の「回文の日」に因み、当「回文迷宮」では、
毎年12月に、題付きの回文連作を募集しています。
月毎の通常投句とは別に、連作の投稿を願います。
連作で、作者独自の回文世界を描きましょう。

◇テーマや句数は任意です。
今年の投稿中からの自選か、書き下ろしの連作を投稿下さい。
なるべく回文の日の12月21日までに投稿しましょう。
後日の書き込みでも結構です。

◇それと、今年あった出来事やトピックスも併せてご投稿下さい。
出版、受賞、御縁、エピソード、回想、総括などをどうぞ。
BLOGの文字制限を越える長文は投稿できませんので。
次(下)のコメント欄をお使い下さい。

【要領】

 ・回文作品の連作 形式と句数は自由
 ・題をつけましょう
 ・書き下ろし、又は既発表作品より選出可
 ・投稿随時 12月21日を目がけて 年末締切
 ・コメント付け可
 ・今年の出来事、自己総括など別枠コメント欄で任意でご投稿下さい。
 ・賞無し しいて言うなら「自己満足de賞」
 ・句評、感想文なと歓迎します。

※今年の12.21(日)の回文の日には、
当店JazzBarサムライに集いましょう。
※昼間の3時〜6時迄27回目の
「SAMURAIフリーセッション27」があります。
6時〜通常のJazzBar 営業です。
※ちなみに翌日の12.22(月)は「サムライ忘年会」をやります。
通常営業ですので、こちらにもとうぞお越し下さい。

【参考サイト】

 ▽日本記念日協会「今日の記念日」
 ※日付検索かキーワード検索してみて下さい。

 ▽「回文迷宮」2013年12月の回文の日記念作品
 ▽「回文迷宮」2012年12月の回文の日記念作品
 ▽「回文迷宮」2011年12月の回文の日記念作品
 ▽「回文迷宮」2010年12月の回文の日記念作品
 ▽「回文迷宮」2009年12月の回文の日記念作品
 ▽「回文迷宮」2008年12月の回文の日記念作品
 ▽「回文迷宮」2007年12月の回文の日記念作品
 ▽猫と回文の日の四駒漫画 2007.12.18

※「回文の日」初取材: 数年前、毎日新聞の小さなコラムになりました。
※「回文の日」制定について:
8年ほど前に私が所属していた里俳句会の俳友に担がれて、
宮崎二健が制定したことになっています。
その経緯は、日本記念日協会代表・加瀬清志氏、
里俳句会代表・島田牙城氏、同会員・淡々氏らの
推薦と尽力によって成されました。

posted by 二健 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 回文の日
この記事へのコメントや投句
2014年の<回文の日スペシャル>は

       <回文日本紀行・列島縦断>です。


●開拓が決意を 北海道 尊い闊歩追いつけ 描く大河 (北海道) 

●八坂筋 蝉避け夜店 静かさや (京都) 

●首里か 那覇に紅花 かりゆし (沖縄) 

●沸いた審理後 再び呼びたタフ「五輪したいわ」 (東京)  

●過去と似てたか 寺以外は知らない奈良路
   徘徊ラテ片手にどこか (奈良) 

●三浦海岸だわ、神奈川。断崖から海 (神奈川) 

●沿道、トラ、なんば、ミナミ。晩なら道頓へ (大阪) 
  
●都会だ 播磨路は民、勘兵衛支え、変化見た。
   始まりは大河と (兵庫) 

●気障かな。異国めき、ドキドキときめく恋。長崎 (長崎) 

●草刈るは長野ほのかな春が咲く (長野) 
             
● 平成幸いを。なだらかだ、自負見せ
     み富士 宝だな お祝再生へ (静岡) 

●「酔えへんの?」 沸いた闇の博多川、
      飲み屋台は飲んべえよ (福岡) 

●宮城ゆかしき 萩や欅は岸が雪止み (宮城) 
 
●暖冬も 千葉からか蜂 もう飛んだ (千葉) 
 
●鳥もオアシスへ返すし青森と (青森) 

●能登の若・爺 威厳が絶え間ないな前田 歓迎石川の殿 (石川) 

●大都会、名古屋来ないか問いた (愛知) 

●冠婚し、日南海岸な地に新婚が (宮崎) 

●代々島津采配 薩摩路 偉大だ (鹿児島) 

●教え尊んでいた。子がさわけば学ぶナマハゲ
   技が古代伝統と絵師を (秋田) 

●濃ひ馬肉の火の国は肥後 (熊本) 

●日の入りと追う星が増し闇溶けど 宮島が至宝を鳥居の緋 (広島) 

●新潟、追い上げず助け合い、お互いに (新潟) 

●蜃気楼濃く 波凪ぐ 航路禁止 (富山) 

●さんざん沢で 尽きん満喫 出羽三山さ (山形) 

●梨・葡萄と開花。桃も甲斐が貴ぶ品 (山梨) 

●手にノート・スケッチ。柱は天狗師、闇。 
   魑魅や仕組んでワラシは地図消す遠野にて (岩手) 
                  
●里のあじわい 土地は皿鉢と鰯 あの土佐 (高知) 

●感銘、感動来ぬ 爽やかは我が香川。
   我が家は讃岐うどん買いメインか (香川) 

●鑑みて紀伊の国か 浜や白く、
   黒し山は果肉の樹でミカンか (和歌山) 

●島根行けたばかりの身 大神々へ願い・愛・金 笑みが磨いた
   実りが畑稲増し (島根) 
 
●精神信じた、五十鈴川がすすいだ信心し、伊勢 (三重) 
 
●発つこの界隈、里去る福島 その輪が継いだ真心 
   ここまたいつかは望ましく故郷 幸いが残った (福島)
 

●出たか湯気か温泉街か 伊予の宵 海岸線を掛け浴衣で (愛媛) 

●温泉静かな湯布の大分、
   色づく肌はくつろいだ硫黄の冬流す新泉を (大分) 

●岸映えた絵も倉敷 蔵 せせらぐ樹 白雲へ妙は四季 (岡山) 
              
●紅葉のたわわさ 滋賀湖も焦し 澤は楽しみも (滋賀) 

●萌えし思想を 倒幕バウト 追うぞ志士へも (山口) 

●岐阜、長良よ来たれば鵜飼。
   縁、繁栄買う晴れた清らかな富貴 (岐阜) 

●行くと鳥取、とにかくカニ取りとっとと喰い (鳥取) 

●世界遺産は自慢、繰る絹糸まといぬ。
   着る群馬路 万歳活かせ (群馬) 

●来るか阿波、歌う踊る アホウ候補 アルトを歌うわ、明るく
 (徳島) 

●サッカーしかない田舎死活さ (埼玉) 

●老いよ魔が差し残し靴 尾根が永平寺と 
   目閉じ遺影へ鐘を撞く 死後の時差が迷いを (福井) 

●吉と出た 来るか足利市明るく立て、栃木 (栃木) 

●元日へ鳥栖佐賀錦、着れば誰と見とれた晴れ着 
   岸にかざすと別人か (佐賀) 
                       
●蔦に香るは紅梅 富み貯めた水戸 
   祝う子春丘に立つ (茨城)

               
Posted by 徳永未来 at 2014年12月20日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


犬ブログ「回文迷宮」投稿参加心得猫

1・以和爲貴 無忤爲宗

2・回文たれば韻文散文その形式不問

3・一回の書き込みに一作品か連作及びコメント添え可

4・常連の投稿が滞った場合以外の連続投稿はなるべく避けたい

5・常連は上部欄との視覚的判別容易の為にマイラインを添えるべし

6・投稿の訂正や削除は二健@管理人が申し受け致し候

  コメントかメールで連絡されたしjikeアットマークn.email.ne.jp

7・初参加者はコメントか管理人宛メールで、自己紹介されたし

  (要御本人サイトURLとメールアドレス等)

8・不心得投稿は容赦無く無断削除とさせて頂き候