2007年07月01日

07年7月の回文投句

【先月の各位一句】 抄出:二健

バカなの。羊頭狗肉疎う世の中は。  徳永未来
駅前でNOVAミーハーのテーマ消え  のえら
手の裏は手間賃ランチまで払うので  木村哲也
鳩艀交う良き今日が夏至波止場  二健


タグ:回文 投句
posted by 二健 at 03:38 | Comment(86) | TrackBack(0) | 投句
この記事へのコメントや投句
徳永未来さん、ポスト掲載おめでとうございます
名人位目指してまっしぐらってトコですね
叙情性溢れる回文歌
私が最も苦手とする分野です・・・

偉才感じようよ叙情余人快哉
Posted by のえら at 2007年07月02日 20:02
風の音とけたか。
 艶の輪、君の三つ編み、友は「カワイイ」と、
  わざわざからかう柄か。サワサワと、いい若葉も富み、
   安曇野、汀の八ヶ岳と十の瀬か。

*私も自分の名前を見つけて、速攻ポストを購入してしまったのですが、。。。。「あれ..?私こんな上手い短歌、作ったっけ???』
編集部の手違いで、他の方の作品が「徳永未来」でクレジットされてしまったのです。即電話連絡しましたので、来週には訂正文が掲載されるでしょう。ぬか喜び。。。。330円返して。。。。
Posted by 徳永未来 at 2007年07月02日 21:53
手違い借方だが利害がちで  8479
Posted by 二健 at 2007年07月02日 22:32
 買いません稀有よ了見狭いか
Posted by 木村哲也 at 2007年07月02日 23:28
ありゃりゃ、、、そんな事があるんですか(・・;)
あの短歌、いい作品だと思います
徳永未来さんの作風だったんで、ご本人と信じて疑いませんでした
下ネタが権勢をふるうポストの中で、あんな作品を投稿した本当の作者が気になりますね

未来に似た作風吹くさ谷に君
Posted by のえら at 2007年07月03日 00:41
*私も「にてるな...」と我ながら感じ入ってしまいました。
せっかくお祝いコメントいただいたのにすみません。

送る背よ 溺れた家庭ある人
 惚れたが咎か 飢餓かと語れ ほとびる愛で語れ 頬寄せる苦を
Posted by 徳永未来 at 2007年07月03日 22:03
買いな買う由麦飯下痢去り原爆はしょうがないか  8528
Posted by 二健 at 2007年07月04日 09:49
初名乗りか 花 官選し問う百合子 
           理由と人選が名ばかりの夏は
Posted by 徳永未来 at 2007年07月04日 22:59
原爆発言鮮血吐く半夏
厭う百合咲く市ケ谷勝ち戦流問い  8575
Posted by 二健 at 2007年07月05日 18:19
「俺といようよ」あばずれが酒漬け悪魔抱く くだ巻く
        あけすけさ枯れずBAR 酔う酔いどれを
Posted by 徳永未来 at 2007年07月05日 21:42
異端引責へ 言葉はどこへ 期せん引退
Posted by 徳永未来 at 2007年07月07日 11:55
いとおしい雑誌読むよ実際詩を問い
Posted by 木村哲也 at 2007年07月07日 13:59
律魔慈母慈父気竹節星祭  8625
Posted by 二健 at 2007年07月07日 19:02
問いの最中は彦星 
   歓喜仲良く二人の乗りたふくよかな銀河 
             思慕恋ひ儚さの糸
Posted by 徳永未来 at 2007年07月07日 21:31
ニタニタ笑う羽賀は、願いはヤバい金。バカは裏はダニダニ
Posted by 徳永未来 at 2007年07月08日 16:13
大臣等の痩躯腕へ安倍内閣嘘の乱強いた
背負う価値ハート君インクとは違う由
Posted by のえら at 2007年07月09日 21:13
苦界無し良か仲間か仲良し内閣
Posted by のえら at 2007年07月09日 23:39
目が怖いわ子亀  8714

*わが既出回文俳句が俳句ブログで小特集されました。

■「週刊俳句 Weekly Haiku」第11号 2007年7月8日
 小特集:回文俳句の世界 後編:宮崎二健
 □貧人非(回文詩) …宮崎二健
 □二健俳句のこと(評論) …島田牙城
 □宮崎二健回文俳句100句 …上田信治選
 □100句選を終えて …上田信治
 □ 後記+出演者プロフィール
 http://weekly-haiku.blogspot.com/

▽関連記事 BBS{俳の細道}
 http://8217.teacup.com/samurai/bbs
Posted by 二健 at 2007年07月10日 05:56
ポスト訂正しない往なし威勢でドツボ

※『週刊ポスト』に特に訂正はなかったようですね。
 上記リンクも拝見。
Posted by 木村哲也 at 2007年07月12日 07:02
初めて投稿させていただきます。よろしくお願いします。
趣味で回文歌を作っています。

駅にせば見聞きし流れ川も世も別れ悲しき君は背に消え

北上の今朝鮭寿司の吾が糧か川の静けさ酒呑み難き

草花の何時に咲くらむ吾が名かな川群草に終の名は咲く

Posted by 北川ゆきお at 2007年07月12日 15:00
新人歓迎だ意見感心し
Posted by 木村哲也 at 2007年07月12日 16:22
*北川様、初めまして。よろしくお願いいたします。

*マスターの怒濤の「100回文句」、奔流に巻き込まれるように読みました。「モンキーバナナ」は吹いちゃいました。鉄人ですね。

囲いが取り巻く布引の滝 発った日 読む貼るアルバムよ 
           浸った北野 機微の温まりと回顧か
Posted by 徳永未来 at 2007年07月12日 20:08
*北川ゆきおさま、よくぞいらっしゃいました。
雁字搦めな制約がある中、完成度の高い作品です。
有心回文短歌の達人とお見受けします。
貴兄のような作家の到来を待ち望んでおりました。
当ブログでも心おきなく回文作品をご発表下さい。
私たちも大いに勉強になり、触発されます。

☆初めてのご参加なので心得事を記します。

・回文であれば、俳句、川柳、アフォリズム、短歌、
 狂歌、詩、散文など、形態や形式は問いません。
・1回の書き込みに1作品でも連作でも構いません。
・批評や近況報告も歓迎です。
・常連の投稿が何日も滞った場合以外の連続投稿はなるべく避けましょう。
・管理人(二健)は、記事とコメントの削除や編集が出来ます。
 訂正や削除の必要が生じましたら、コメントかメールでお知らせ下さい。
 約1日以内に対処できます。
・初参加の方は、コメントか管理人宛のメールで、
 簡単な挨拶か自己紹介願います。
 ご自分のサイトかメールアドレスをお知らせ下さい。

*縁あって、ここに集った人たちと共に、
有意義な回文ブログにして行きたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。

*木村哲也様、 徳永未来様、
小特集をご笑覧頂き、ありがとうございます。
回文のなせる技には驚くばかりです。

格差な場で飯は酢蓮始めて華咲くか
寝床エロ心心得事ね  8812
Posted by 二健 at 2007年07月13日 00:43
わかるし互いが使い方知る側
Posted by 木村哲也 at 2007年07月13日 08:49
管理人様、木村哲也様、徳永未来様、ありがとうございます。
ご歓迎頂き感謝しています。
このような場に不慣れなものですので、多少躊躇もあったのですが、回文歌という言葉を見て思わず投稿してしまいました。
短歌専門に作っていますが、なかなか新作が出来ず、苦しんでいます。
皆様がたの回文パワーを少しでも分けて頂けたらと思っています。

挽歌
澪標中の水門に乙女留め遠にと浪の悲し靴を見
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月13日 10:34
感謝で今かな共有良き仲間いて野心家
Posted by 木村哲也 at 2007年07月13日 10:48
*北川ゆきおさま、
貴サイトで、その挽歌が仕上がるまでの過程の解説を拝読しました。
回文仕掛けの化け物小屋を、悪戦苦闘して行く
歌人魂が感じられて天晴れでした。
茨の道と天の恵みあっての回文短歌の収穫ですね。
貴兄のは伝統的な短歌形式を志向する回文ですから、
一首一首の構築は職人芸だと思います。

その点、私の作る回文俳句は自由度が高くて楽です。
季語、定型、切字などには拘りません。
文語、口語、仮名遣い、無心と有心なども然りです。
俳性があれば俳句だという認識です。
なので卑語俗語や無心所着はこの上ない宝物です。
ついでに言えば、記号無しの詰めた一行という表記を原則としています。
これは、作者が「こう読みとってほしい」ということを遮断して、
読者の自由なイメージの展開に委ねたいからです。

しかし、徳永未来氏の諸々の回文作品は、
記号、分かち書き、改行などふんだんに使われています。
それはそれで、作者の意図する処であると思います。
韻文において意図的記号の多用は、現代詩から現代乃至前衛短歌、
並びに俳句という模索の歴史にも考えが広がります。

喜雨奮戦扇風機  8843

Posted by 二健 at 2007年07月13日 16:04
>北川ゆきおさん
初めまして さすらいの回文修行僧のえらです
HP拝見しました
自分が最も苦手とする回文歌の数々に感服
さらに特筆すべきは「いろは歌」!
いろはアナグラムの「新いろは」という言葉遊びに取り組み始めていたのですが、一挙にやる気が萎えました
私にこれほどの作品ができるとはとうてい思えません
白旗揚げて遁走いたします

>管理人さん
こちらは数に圧倒されました
いろんな活躍の場があるものですね
言葉の選択肢が自分と違う事で、独特の浮遊感を得ました

こうやって才有る皆さんの作品に触れるにつけ
自分の個性はどこにあるのか

漠とした不安に襲われたりします
持ち前の投稿テクニックによって「賞」には恵まれていますが
いざ正統派の作品を目にした時、自分自身の実力の欠落を思い知らされます
回文迷宮では「句」を勉強させていただいています
北川ゆきおさんからは、ぜひ「歌」を学ばせていただきたいと思います

才有る皆夜な夜な見る愛さ
Posted by のえら at 2007年07月14日 00:07
上等ぞ持てマイペース術今でも相当良し
Posted by 木村哲也 at 2007年07月14日 05:50
* 管理人さま
上のリンクの100句、拝見しました。
すごいですね。
情熱、パワー、回文の才、どれも私の遠く及ばないものです。

私のHPご覧いただけて光栄です。
最初にたてた目標が回文歌一人百首なのですが、まだまだ先は遠いです。

* のえら様
初めまして。
突撃街かど食いしん坊、感心しながら拝見しました。
ユーモアもあってこういうの大好きです。
いろは歌作りは私にとって回文歌以上の苦しみの産物です。
日本語から一文字抹殺したくなることもしばしばです。

お褒めいただくのは大変光栄で嬉しいですが、お二人とも私のこと少し買いかぶりすぎです。
私にそんな回文の才能はありません。
一首作るのに七転八倒、次の作品がいつ出来るのか見当もつかない状態です。
皆さまのような当意即妙迅速な回文レスなど到底私に出来る技ではありません。

Posted by 北川ゆきお at 2007年07月14日 09:42
*木村先生の「命コキュの悪女学」興味深く拝見していました。次作にインスパイアされ、堀江氏の著書を読むきっかけとなりました。

*北川様のHPで、洗練された数々の短歌を堪能させていただきました。回文短歌はパズルを埋めていく楽しさと難しさがあって、得意ではないですが、好きです。

神の子の イブ今荒れた罪食べた 蜜たれ甘い不意の木の実か
Posted by 徳永未来 at 2007年07月14日 10:21
リブめあのツナ缶饐えてどないか胃などで屁すんか夏の雨降り  8898
Posted by 二健 at 2007年07月14日 11:00
やつれスネた仕草すらナウい悪女良し具合唸らす策士だ熱烈や

※徳永様、ブログご訪問とおほめの言葉に感謝です。
 で、フランス語の寝取られ男のコキュではなく、モデル女性の右横書きなので、コキユが正しいので、よろしくどうぞ。
 北川様、はじめまして。
 HPを見てきましたが、小生には作れそうもありません。
 小生は、当意即妙とは行かずとも、ブログの流れに乗って即興回文で行くつもりです。
 昔は女性名読み込み回文だけでしたが(笑)。
Posted by 木村哲也 at 2007年07月14日 11:31
*え、コキュ、じゃなかったんですか!「コキュからもアマンからも命を吸い取る」悪女、という意味かと思っていました。失礼いたしました(赤面)。今、桐生操氏の「悪女大全」読了しましたが、中国の「酷
女」たちはおっかなすぎて回文にならないです。呪われそうです。

研げ命 過去と男が 血の池と
Posted by 徳永未来 at 2007年07月14日 12:55
*徳永様
HPご閲覧ありがとうございます。
多方面にご活躍のご様子、ここでしか御作を拝見できないのが残念です。
長文から短歌にいたるまで、何でも来いの力量には感服いたしました。
豊富な知識から来る語彙の多さの成せる業なのでしょう。
こればかりは簡単に見習うことも出来ませんね。

*木村哲也様
初めまして。
タイミングの良い合いの手のような回文、とくに「・・今でも相当良し」には思わず笑って(失礼)しまいました。
実は一番最初に木村さまのブログにお邪魔したのですが、開けてびっくり、あまりにも高度な専門的リンクで、どこをクリックしたら良いものやら、途方にくれてしまいました。

なんともここには凄い人ばかり居るんだなあと、半分及び腰になってます。

私のHPは日に一人来客があるかないかの、会社でいえば倒産寸前のページでしたので、まさか皆様がこんなに閲覧して下さるとは夢にも思っていませんでした。
嬉しさはもちろんですが、完全ネタバレになってしまいました。底が浅くてすみません。

皆様のようにあっという間に作る能力もありませんので、私なりのペースになってしまいますが、今後ともお付き合い願えればと思っています。
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月14日 17:17
句作競い急ぎ愚作

※ 北川様、リンク処へのご訪問、ありがとうございます。
 常時五つくらいは連日更新しています。
 悪女学が一番長く、アクセスも多いです。
 回文は、管理人さんが作っているのに感化されました。
 「本業」の脚韻のヒントになります。
 マスターにはずいぶんとそそのかされました(笑)。自由律俳句の橋本夢道とかはまだしも、フリージャズの阿部薫ブログを始めたあたりは、自分でも想定外です。
 大学の授業でも、受講者数に応じた収入だったら目も当てられないところを、親方日の丸でもなくなりましたが、好きなことをやらせてもらっています。
 で、目下更新中のブログは、悪女学、日本語脚韻、阿部薫、丸茂ジュン、和文仏訳です。よろしくどうぞ。
Posted by 木村哲也 at 2007年07月14日 18:45
*木村様
脚韻がご専門とのことで、再度お邪魔して「日本語脚韻」楽しく拝見させていただきました。

回文がきっかけでご懇意にさせていただいている詩吟の先生の影響で、ふと「漢詩を作ってみたい」などとだいそれた考えを持ち、挑戦してみたことがあります。
やれ平仄が合わないだの、韻目が違うだので、結局ネット通販購入の電子辞書を潰してしまっただけであえなく退散してしまいました。

そのときのトラウマでついつい[鳴]と[声]の韻は?などと余計なこと考えながら読んでしまいます。

前回は「字数詩美術館」が大変気に入って長時間そこに居座っていました。
今回続きを見ようと思ったのですがたどり着けませんでした。再々度お邪魔して、宝さがし感覚で捜索してみます。
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月14日 22:17
眼下官が感化観果敢か
嗜みやつながるか夏闇なした
仲かう良き家の影響下かな

*ままっ、回文はツワモノどもの嗜みってことで…。  8949
Posted by 二健 at 2007年07月14日 22:23
新顔来し不断だ不思議を感じ
Posted by 木村哲也 at 2007年07月15日 07:42
嗜みせよとツワモノもワッと寄せ皆した

>日本語から一文字抹殺したくなることもしばしば
(゜゜(。。(゜゜(。。 ウンウン!
アナグラムや回文やっている人には同意見多数ってとこですね(^◇^)
Posted by のえら at 2007年07月15日 16:03
盛岡の咲くや白百合ゆく野辺の薫(くゆ)り揺らしや草の香りも

こちらに投稿後出来た歌です。

今日も2時間ほどでいろは歌「大津辞世の歌」が完成しました。
皆様のおかげでまた作歌意欲が回復したみたいです。
大感謝です。
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月15日 16:04
*緋川小夏さんの「二人展」、拝見したいです。私自身、写真と回文のコラボ展、理想としていました。参考に、といっては僭越でしょうか、どのような展開か、非常に興味惹かれます。
回文は、たった一人で亡き妻子の為に闘い続ける
光市の本村氏にエールを。。。


腐り鬼畜だ。司法、助ける気か。皆、団結した人権派はいらん。死して解決、極刑が出し。信頼は半減した実験だな。見限るゲスだ。母子抱く契り裂く。
Posted by 徳永未来 at 2007年07月15日 19:03
*小夏さんとはらけいこさんの写真と言葉の二人展、
始まりました。写真の力と言葉の力の協力体勢です。
先ずは見てのお楽しみということで。
写真と回文の組み合わせも面白そうです。

片手間苦な蟻塚釣り穴熊出たか  9015
Posted by 二健 at 2007年07月16日 01:13
迷路 静かな二兎追う夫に流す白い目
Posted by 徳永未来 at 2007年07月16日 11:24
妻子なかなか意図ひどいかな悲しいさ
Posted by 木村哲也 at 2007年07月16日 11:32
本妻と二号交互に訪い散歩
Posted by のえら at 2007年07月16日 17:42
穴だいかんな着てくかびっくりしました地震指示たちまち理屈比較的難解だなあ
Posted by 木村哲也 at 2007年07月16日 18:25
弟子どないば横揺れだよ誰湯後夜這い等して  9072
Posted by 二健 at 2007年07月16日 20:00
余人へ新潟地震志士互いに援助
Posted by のえら at 2007年07月16日 22:43
「小さひ」は苦難感じぬ人の身の問ひぬ震撼泣くは被災地
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月17日 01:14
きざはしが 崩る屋根も出 柱すら 芝でも寝やる すぐ柏崎
Posted by 徳永未来 at 2007年07月17日 07:37
しばらく臆す余震ショックを食らわし
Posted by 木村哲也 at 2007年07月17日 07:38
妻も子も待つ生けし日よ慰霊祭霊呼び死刑妻も子も待つ
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月17日 08:04
長太天災とはいえ家鳩勇んで飛ぶかな  9108
Posted by 二健 at 2007年07月17日 17:58
>北川ゆきおさん
『当意即妙迅速な回文レス』の数々、すばらしいですね

ふと思ったのですが、徳永未来さん名義で週間ポストに掲載された名回文歌の作者は、北川さんではないですか?
いえ間違っていたらすみません
何か似た香りを感じたものですから・・・

歌数多いやはや早い珠適う
Posted by のえら at 2007年07月17日 21:10
*のえらさん 私もその疑問は抱いておりました。
今や確信に変わっております。

新潟が しとどにと濡れ 梅雨寒さ 譲れぬと二度 都市が互いに
Posted by 徳永未来 at 2007年07月17日 21:24
*のえらさん、徳永さん 
上で話題になっていた件ですね。
残念ながら私ではありません。そのような投稿蘭があることも、ここで初めて知りました。
どんな名歌だったか読んでみたかったです。

初めて即興的に作ってみたのですが、実に難しいものですね。柏崎も頭をよぎったのですが、「きざはし」は出てきませんでした。さすがです。
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月18日 06:54
*北川様 そうですか。失礼いたしました。
勝手な想像たくましくして、無粋な質問お許しください。


避難所、数足りない。パン、シーツ、薬、トイレ、涸れ井戸。
      リスク、つい心配。成り立つか、余震な日。
Posted by 徳永未来 at 2007年07月18日 17:32
またしても人違い 申し訳ございませんm(__)m
私のカンはまったく当りませんね(^_^;)

問い惑い間違い勝ち毎度毎度
Posted by のえら at 2007年07月18日 23:11
句など成りすましは恥ます理など無く  9204
Posted by 二健 at 2007年07月19日 00:16
もし良歌清しと謂はば何処かしか言葉は愛し微か嬉しも

*徳永さん、のえらさん
そう言って頂けただけでも光栄です。真の作者には申し訳ないですけど・・・
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月19日 00:30
利発ヤバいなマズいが誤解済まないわやっぱり
Posted by 木村哲也 at 2007年07月19日 12:27
裂ける地の目赤き涙まい落つを今民無きか雨の散る今朝
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月19日 21:32
余震で翼閉じ負の臥所さ発電所

※「週刊ポスト」に訂正する気があるなら、次号あたりで例の歌の真の作者がわかります
楽しみです♪
Posted by のえら at 2007年07月19日 23:07
*「ポスト」編集さんとの電話のやり取りがちょっとちぐはぐで、「名前誤植の訂正文を載せてください」と言ったつもりだったのですが、「訂正分としてトクミキの回文を載せてください」と誤解されてしまったかもしれません。月曜日には判りますね。

実刑か 闇から村上や 解決し
Posted by 徳永未来 at 2007年07月21日 12:00
御汗追記行き違い勝ち貴意帰一世阿弥
華美の潮騒暮れ照れ食いさ御忍びか  9403
Posted by 二健 at 2007年07月21日 15:54
>徳永未来さん
そのやりとり最悪ですね
掲載には賞金が伴います
つまり「迷惑料を払え!」という恐喝と同じです
むこうは『ジャーナリスト』ですから、「脅しには屈せんぞ!」とばかりに、徳永未来さんが今後どんなに優秀な回文を送っても採用されない可能性さえ有ります
関係者がこの掲示板を読んでさえくれれば良いのですが・・・

誤解飛び人間性欠く迫害宣言にひどい過誤
Posted by のえら at 2007年07月21日 21:05
*のえらさん おっしゃる可能性も大ですね。日の目を見ない(かもしれない)投稿作品の行く末が可哀想です。。。。でも、懲りずに投稿は続けます。回文のメジャーな「投稿枠」は、とにかく狭い!選り好みしてる余裕もないのが現状ですね。
ところで、昨夜初めて管理人さんの御店samuraiにお邪魔しました。マスターは写真で拝見するよりずっと若くかっこいい男性でした。近い将来、壁面個展をさせていただくかもしれないという話に発展しました。
Posted by 徳永未来 at 2007年07月22日 00:38
*週刊誌そのものは買い手市場ながら、
投稿欄は売り手市場ということかも知れません。
私も昔6年間葉書の束を買い込んで、
熱心な投稿魔活動をやったことがあります。
入選した喜びは格別のものでした。
ところで、一昨日の夜の突然の来訪者に驚きました。
名乗られるまで気付きませんでした。
ななんと!徳永未来さんだったじゃありませんか。
回文作品は勿論、ご本人も存在感のあるお方でした。
お陰様で良き出会いでした。
個展楽しみにしております。

ミス買う投稿は這う行動霞み  9436
Posted by 二健 at 2007年07月22日 02:57
*今「個展萌え〜」モードに入っています。
テーマは何か、新作か、短歌か。。。。ぐるぐる。考慮中。
店内も展示スペースも、HPで拝見するよりずっと広いですね。

つつけど穂 燃えた芥子剥ぐ 野卑な花
         媚薬はじけた 笑もほどけつつ
Posted by 徳永未来 at 2007年07月22日 10:16
*徳永未来さん
個展を開くなんて・・凄い。
管理人さんのご好意にも感謝!!ですね。
ご成功お祈りしてます。

花と君草向かい出て今の世の舞い出て行かむ咲く未来と名は

下手ですが応援歌です。
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月22日 20:48
峠どすんエンスト稀有と

※札幌から40キロ南の山中でエンスト。
 応急措置も、結局ルスツの自動車工場に乗り捨て。
 体調も壊し、散々。
 泣き言ですみません。
 好天候、昼、交通が少なかったのが救い。
Posted by 木村哲也 at 2007年07月23日 19:44
*北川様、素晴らしい応援歌、ありがとうございます。下手、などと、ご謙遜!!
*木村先生、too badでしたね。北海道の広さを考えると「夏でよかった」というところでしょうか。
*MIXIにご招待いただきましたが、基本、判ってないんです(笑)。
自己紹介も、なんか頓珍漢。他の方のページも参考に、それらしくおいおい直していきます。

何らかはミクシイ仕組み判らんな
Posted by 徳永未来 at 2007年07月23日 22:24
羊歯と故障は庇うよ仕事だし
進展進展進展し  9536  
Posted by 二健 at 2007年07月24日 04:06
災難の丸く軽く済み良かったね、発つかよミス来るか車乗んないさ
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月24日 09:40
ジョッキでビア浴び出来強し
Posted by 徳永未来 at 2007年07月25日 12:11
添い湯かてビアガーデンで蚊浴びて痒いぞ  9612
Posted by 二健 at 2007年07月26日 01:31
よい果肉 漉すは澱 ワイン真意は リオハすごく苦いよ
Posted by 徳永未来 at 2007年07月26日 19:30
日本参議院議員生きん生きん散歩に  9740
Posted by 二健 at 2007年07月29日 18:37
慕いつつ、君が手を出したわ、酒と薔薇。
  「さらば」、と今朝渡したお手紙。傷ついたし。
Posted by 徳永未来 at 2007年07月29日 20:09
私いかん平座お使いせな代車強いたな生活を再編開始だわ
Posted by 木村哲也 at 2007年07月30日 10:24
与党のは見たとこ弱し名ばかりか話しは吉事民はNoとよ
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月30日 14:03
自民が大半惨敗だ玩味し
Posted by 木村哲也 at 2007年07月30日 15:39
渦寿明学徳諭詩誌熟読玩味擬宝主  9787
Posted by 二健 at 2007年07月30日 18:25
空しさに眠り暁君泣くな見聞き咎あり胸に刺しなむ
Posted by 北川ゆきお at 2007年07月30日 18:49
*右サイドバーのリンクに北川ゆきおさんのブログを加えさせて頂きました。
*フッターの上に“★ブログ「回文迷宮」投稿参加心得” を明示しました。 9863
Posted by 二健@管理人 at 2007年08月01日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


🐶ブログ「回文迷宮」投稿参加心得🐱

1・以和爲貴 無忤爲宗

2・回文たれば韻文散文その形式不問

3・一回の書き込みに一作品か連作及びコメント添え可

4・常連の投稿が滞った場合以外の連続投稿はなるべく避けたい

5・常連は上部欄との視覚的判別容易の為にマイラインを添えるべし

6・投稿の訂正や削除は二健@管理人が申し受け致し候

  コメントかメールで連絡されたしjikeアットマークn.email.ne.jp

7・初参加者はコメントか管理人宛メールで、自己紹介されたし

  (要御本人サイトURLとメールアドレス等)

8・不心得投稿は容赦無く無断削除とさせて頂き候
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。