2007年12月01日

07年12月の回文投句

【先月の作品より】 抄出:北川ゆきお

水澄んで時々どきどきと天進み  二健
睦み泣いたる新刊感じるダイナミズム  木村哲也
医学やいかに肝炎蔓延か苦い薬害  のえら
語れずも恋という名も騙す明日またも綯う糸以後もつれたか  徳永未来
乳呑児と瞳と人混みの血  ぽぽな
安らかなり胸のうち野分の際の慈雨の眠りなからずや  北川ゆきお


迷宮の12月巻頭抄出句選定の任にお選びいただき、感謝しています。
新参者の私が僭越とは思いましたが、以上のように選びました。

各人一句を基本に、作者らしさの感じられるものを私の好みで選びました。

・二健さんの作品は全14句中、「夜の小島枯葉を聞いて粋を晴れがましこの世」と迷いました。どちらも俳人の感性溢れるものですが、この作品にさせていただきます。私の好みです。

・木村先生の作品は全6作品中、タイムリーなご著書発刊に因んだものにさせていただきました。

・のえらさんの作品は全15作品中、社会派的なこの作品を選びました。「ミシュラン ラー油染み」も実にのえらさんらしい傑作で、最後まで迷いました。

・徳永さんの作品は全9作品中、華麗な長文など余人の追随を許さないものがありますが、あえて最近力を入れておられる短歌を選ばさせてもらいました。

・ぽぽなさんの作品は、「蔦紅葉苦楽極楽滋味も立つ」も素晴らしく、本当に迷いましたが、詩人の感性が強く出ているこちらを選ばせていただきました。
「乳飲児」と「人ごみ」の雑踏に象徴される人間の一生、そこに脈々と受け継がれている「血」、それを見つめる穢れない「瞳」、象徴詩として実に端的で素晴らしい表現だと思いました。

・私の作品は全14作品中、心境を素直に表現したこの作品とします。

以上、作者の皆様の意に添えない部分もあるかと思いますが、ご容赦願います。

--------------------------------------------------------------
※編注:以上、ゆきお氏の初抄出に当たって、大変結構な感想文が添えられておりましたので、ご当人の了解を得て、ここに転載させて頂きました。(二健)


タグ:回文 投句
posted by 二健 at 11:08 | Comment(48) | TrackBack(0) | 投句
この記事へのコメントや投句
#############################
「てぶくろ!!」叩いた友と子供とだ。イタタ、「ろくぶて!!」
Posted by 徳永未来 at 2007年12月01日 14:06
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
軽腰殿いよいよヨイヨイの年頃か
嘘岩が伝染せんで可哀想  15046

*サイドバーに「当サイト常連の回文書紹介」なる広告を加えました。
毎月請求書を回します。(嘘です^^;)
Posted by 二健 at 2007年12月01日 15:58
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
見透かすカズミつかつか罪

※ 委託販売手数料でごカンベン。
Posted by 木村哲也 at 2007年12月01日 23:28
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

「よすわ」「しとけ!」財布ケア
 値上げ不意さ けど師走よ

北川ゆきおさん、選定おつかれさまでした。
拙作に嬉しいコメントありがとございます。
*「ミシュラン」は小品ですが、けっこう気に入った作でした。目を留めていただいたことに感謝(*^^*)
Posted by のえら at 2007年12月02日 01:07
###############################

*Jikenさま、時々忘れるマイラインを付け足していただきありがとうございます。

ゆきおさんの丁寧な講評も恐れ入ります。



会話気に入るか、立つ友、地元ガード下に。鳥はシロとハツか。
  立ち飲みの地だ。カッパ、トロ、じわりと煮たし、
    灯火ともし、戻った軽い賑わいか。
Posted by 徳永未来 at 2007年12月03日 18:21
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今朝自棄さ情けも消さな酒や酒
乾杯裂く禁酒辛気臭い範か
酔ひ痴れう日本酒進歩に嬉し日よ

回文コンテストの応募締め切りまで1ヶ月を切りました
今年は迷宮から「温暖化」「白砂」「布団」を持ち出そうと思います

「温暖化」については、過去に「〜管理足りんか〜」と言う作で
入賞されている方がいらっしゃったので
一次予選通過もできないと思います
ただ、「地球温暖化」が単に「地球が暖かくなる」のでは無く
異常気象全ての原因だというのは私にとって新鮮な驚きだったので、
残しておこうと思ったしだいです
Posted by のえら at 2007年12月05日 00:59
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ないわ来ぬわカズミ使わぬこわいな
Posted by 木村哲也 at 2007年12月05日 23:22
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
*のえらさん、徳永さん、コメントありがとうございます。

世に同母(いろ)の立たぬ瀬もとは問ひし由人は供せぬただ呪いによ
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月05日 23:55
##############################
のえらさん 「布団」季節感も動きもユーモアもあって、いいと思います。
今年度の「パチンコ」だって、影山さんとテーマが被っても予選通過されましたよね。
大丈夫だと思いますが。

今だから言えますが、実はのえらさん=NOMAさんだと思い込んでいた時期がありました(笑)。

 
憎き故 見きれず指を待つ駒子 妻、帯び譲れ 君へ雪国

Posted by 徳永未来 at 2007年12月06日 01:09
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
ヅラ兄さにあらずんばハンズら兄さにあらず  15164
Posted by 二健 at 2007年12月06日 04:39
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
かつごうカズミ使うコツか
Posted by 木村哲也 at 2007年12月06日 06:39
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

頭は濡れど楽観カツラ取れぬはず
消えし駅滋賀県汚し消えし益

のえら=NOMAさん説
それ、わかります(^∇^)
初めてNOMAさんのHPを見た時、発想の類似に驚いたものです
見分け方;完全回文でなければ、のえら

>季節感
布団が吹っ飛ぶ季節っていつやろ(^◇^)
Posted by のえら at 2007年12月06日 23:40
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
流しつつ練る秘密カズミ昼寝涼しかな
Posted by 木村哲也 at 2007年12月07日 03:48
##############################

*NOMAさんも大阪だもんね

書き手動くよ 二人の若さ大阪は乗り、タフ よく好敵か

*言われて気づいた。いつ、布団が空を舞うようになったんや....(爆笑
  ま、秋口の台風シーズンってことで。
Posted by 徳永未来 at 2007年12月07日 20:20
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しだしたらカズミ罪作り理屈見ず自ら出したし
Posted by 木村哲也 at 2007年12月08日 00:54
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
*座布団なら、来場所舞うかも・・・

回文は三人の男性が命をかけて争そうのを悲しんで
入水した桜子に


河岸見つ桜子、背子ら草摘みしか

水に背が消ゆる夜、雪、風に澄み
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月08日 19:07
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
立ち無類蔵カズミ自ら悔いる無知だ
Posted by 木村哲也 at 2007年12月08日 19:11
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
柞葉の傷積み果てし性の身の翳しては見つ月の端ぞ母
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月11日 13:26
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
やはり飛び交う語彙が豊富満つカズミふう他(ほか)行こうか一人早
Posted by 木村哲也 at 2007年12月11日 14:59
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
為るさへやこと寂しきを汝は野辺の花置きし身さ何処やへ去るな
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月11日 17:39
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ケバいカズミ使い分け
Posted by 木村哲也 at 2007年12月12日 00:58
##############################

去年孤高 鬼の地異国なり京の大路 鼓の音ことりと古都を呑みつ
     辻 懊悩よぎり 凪ぐ濃い血の匂うここそこ


Posted by 徳永未来 at 2007年12月12日 09:14
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
誰が遣りぬ須磨の海かくは死有時と領(うしは)く神の座す塗り屋形
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月13日 22:57
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
熊蟄穴土蜷甘く  15397
Posted by 二健 at 2007年12月14日 02:41
###############################

「優れた英断と肩書き」?降板は関テレか。橋下も突然で手つかずか。看板たかじん直談判か。数々伝説共々しばかれてんか。半端。動き方がとんだヘタレ。グズ。
Posted by 徳永未来 at 2007年12月14日 17:37
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
士魂減る 音と文字は広告派手やん 政治緻密か適性が有るかは天秤で量る 赤い席で勝つ身 知事選やで 吐く豪語 橋下徹弁護士

子沢山へ支援策だGO!
Posted by のえら at 2007年12月14日 23:06
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
啄木鳥突きつつ傷付き
軍歌来しなか悲しき玩具
崇徳を流刑生けるを苦とす
カシミア冬の夕編みしか
池の辺の大雅が描いた野辺の景
キューポラかつて果てつ空穂行き
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月16日 01:35
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
照れ俳句で軽々勝て句意はれて
破れ蓮や何時ぞ味噌費やす晴れや
泣かんサユリスト擦り遊山かな
年の瀬や気合合い秋痩せの尿
時雨位牌抱きたいハイレグ史  15465
Posted by 二健 at 2007年12月16日 03:33
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

シラサギふるえる吹きさらし
しかたなしサンタ破綻さ品高し
気負い立つ晩ふいだヴィトンセレブのプレゼントイヴ大奮発だ意大き
目利く目に手編みセーター渡せ身艶にメークきめ

※北川ゆきおさんの「軍歌」、みごとな反戦句だと思いました。回文である事が驚きです。
Posted by のえら at 2007年12月16日 15:39
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
※のえらさん、ありがとうございます。
句を褒めていただけるなんて、光栄です。
いろはカルタ風に「あ」からいくつか作ったのですが、挫折しました。

嵐のような詩、撓う世のシラー

パパもついパタン、醒めた子「だめ、サンタはいつもパパ」
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月16日 19:10
############################

*なんだか皆さん、絶品ばかり発表されてますね。
「ケバい」「崇徳天皇」「照れ俳句」「シラサギ」どれも素晴らしいです。なんだか人生の断片を感じる回文ばかりです。

再会の糸切れず逢うとまどいと惑う軋轢問いの意外さ
Posted by 徳永未来 at 2007年12月17日 20:39
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
*徳永未来さま、ばっちり短歌で決めましたね(^_-)-☆
板についてますから、カマボコで一句。

孤歩摩訶不思議鬼気自負蒲鉾  15550
Posted by 二健 at 2007年12月18日 05:42
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
*本当に皆さん力作揃い、、
のえらさんの「しらさぎ」、「ふるえ」ました。
徳永さんの短歌「再会」も女心が表現されてて、凄いです。
急に自信なくなってきました ToT

流れ雲父さん無けども消ゆ陽恋ひ雪も融けなん里も暮れかな

Posted by 北川ゆきお at 2007年12月20日 18:01
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
皆で祝い手並み

※ 連作の元気はありませんが、記念日ですので。
Posted by 木村哲也 at 2007年12月21日 05:59
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
*木村哲也さま、それでは12月の投句より、
2008年1月のトップ記事用に何句か抄出して下さいな。
まだ10日間もありますから、ゆっくりどうぞ。

知もささやかなお祝いお腹や笹餅  15688
Posted by 二健 at 2007年12月21日 07:05
#############################
たくさん連絡か並ぶつぶらな霍乱連作だ

*マスターの60連作に肝をつぶしました。
私は数は少なく、長文で投稿します。ご勘弁。
Posted by 徳永未来 at 2007年12月21日 07:29
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
*二健さんの60連発に撃たれました。
記念日も時間はあと僅か、あせりつつ投稿・・・

悔いた年の嵐流れ来る暮れかなシラーの詩と第九
キュビズム採り『泣く女』何億也と結びゆき
意地の舞い草刈雅代さま利が咲く今の地位
歯の浮く姿勢、世辞喰うのは
得た愛が物も買い与え
結果、耐え得た脚気
脱ぎて着ぬ
暇で麻痺
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月21日 18:08
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

二健さんの60連発
これはジャム-セッションですね♪
それぞれの楽器が独自の音を奏で
時に混沌 時に集結 うねるように歩む1年
終盤には皆が年末と云うモチーフで音を重ね静かに収束
タイトルフレーズ「記念葱」が中盤で出てくるのもキリッと引き締まって効果的
う〜ん これは連作ならではの力作ですね
考えすぎだったら笑い飛ばしてください(^_^;)

笑う記念セッションよ実践ねぎらうわ
Posted by のえら at 2007年12月22日 00:30
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
*いやはや、恐れ入ります。
二重の枷に寄らない自由律回文俳句は多作容易です。

・徳永未来さま、
「霍乱」という諧謔兼夏季の季語と
「…だ」の口語の断定、俳句冥利に尽きる一句です。

・北川ゆきおさま、
小連作の詩的意味連鎖のイメージのハーモニーにうっとりします。
「脱ぎて着ぬ」の背反する短律は自由律俳句の究極です。
昔の拙作「枯れ果てて晴れか」もその類と愚考します。

・のえらさま、ジャム・セッション論なるほどです。
皆様とのジョイント・セッションで感慨深い年末の
迷宮宴となりました。
連作ならではのドラマ性、モンタージュ、パッチワーク、
ジャム・セツション…、やってみて、言われてみて、
改めて認識しました。
「笑う…」感無量の一句です。
俳句≒川柳として屹立しています。  15753
Posted by 二健 at 2007年12月22日 05:44
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

お恥ずかしい。。。
せっかくお褒めいただいたのに、
「笑う・・・」は回文として成立していませんでした

微修正;そうら記念セッションよ実践ねぎらうぞ

味わいが減少しましたね(-_-;)
Posted by のえら at 2007年12月23日 13:02
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ぷかぷか浮かぶカブ
Posted by のえら at 2007年12月25日 22:56
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
すばすば伸ばす蓮  15885
Posted by 二健 at 2007年12月27日 02:29
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
ぶらぶら選ぶLOVE
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月29日 02:30
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スカスカ好かずカス
Posted by 木村哲也 at 2007年12月29日 05:33
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
スキスキ飽きず鱚

威勢さ、矢の飛びゆき射たり胸、以後見き君恋い眠りたい
『キュピドの矢』(犀星)
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月29日 15:27
¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬
*北川ゆきお氏作品
なんとも手の込んだ謎めいた回文歌
これぞ回文迷宮庭園花園の景
草花の丈まちまちながら整然とあり
戦の矢も花圃の蝶も飛び交い
射止めたるは密の味
嗚呼他人の不幸はその味か
恋の逆説 恋の禍福


ずきずき咳きす傷  15951
Posted by 二健 at 2007年12月29日 17:19
∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞--∞
*キュビドの矢も過ちて喉に刺さらば
 魚の骨にも似て身の災いとならむ
 実を詰めたるカブは沈み
 選びたるラブはスカスカのカス
 それでも飽きずキスとは人の業
 ずきずき傷にならぬとに
 心して聴かむ除夜の鐘

寸里ブラック疎まや魔洞窟ラブリンス

くどくどと功徳
Posted by 北川ゆきお at 2007年12月29日 22:09
#############################


ガンに出来ぬ排斥で、長崎逆撫で。規制は抜きで認可。


フットならば関西学院だが、日大が描いた地に勝たん。行く、凱旋か、張らな、トップ。


「犯人は.........パパ?」飲んで、固唾。この黒きカルマ。かつて犯した死か.......。残忍。恥じん下着ドロと北新地、犯人探し出し、顔で捕まるか。記録残ったか、天の刃は、番人は。


段差酷いか。バス転落か。友と子供と錯乱ですワ。ガイド悲惨だ。


(王理恵サン)
三度目さ。まただな、怪しい破棄か?早とちり?ちと、ヤバ....。鍵は医者、アナタだ。ま、冷めとんさ。



過激派加担し、ブットに何時パキスタン、出す牙。ついにトップ死んだか。吐き気が..........

Posted by 徳永未来 at 2007年12月30日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


🐶ブログ「回文迷宮」投稿参加心得🐱

1・以和爲貴 無忤爲宗

2・回文たれば韻文散文その形式不問

3・一回の書き込みに一作品か連作及びコメント添え可

4・常連の投稿が滞った場合以外の連続投稿はなるべく避けたい

5・常連は上部欄との視覚的判別容易の為にマイラインを添えるべし

6・投稿の訂正や削除は二健@管理人が申し受け致し候

  コメントかメールで連絡されたしjikeアットマークn.email.ne.jp

7・初参加者はコメントか管理人宛メールで、自己紹介されたし

  (要御本人サイトURLとメールアドレス等)

8・不心得投稿は容赦無く無断削除とさせて頂き候
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。